Brilliant Days Part

映画や絵画、音楽など、芸術全般にふれることが好き。
旅行、ガーデニング、グルメなども楽しみつつ・・ 
ゆるやかに たおやかに 第2の人生を歩んで行きます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 春の日差しが・・ | main | 2月の掲示板 >>
# 気になる映画賞の行方
         さて、映画好きとしては
一年中で最もミーハーの血が騒ぐ季節になった。

  2009年度に公開された映画作品や、演じた俳優の中から「良く頑張った」とご褒美を貰える映画賞が、米国だけでも幾つもあるが、 その中から最も権威のあるアカデミー賞、その行方を占うと言われるゴールデン・グローブ賞(第67回)、全米批評家賞の受賞式が数時間の違いで行われた。 私はCSスカチャンで生中継を鑑賞〜AFPニュース記事


ゴールデン・グローブ賞結果
<ドラマ部門>
 
■最優秀映画作品賞
受賞:『アバター』
ノミネート:『ハート・ロッカー』『イングロリアス・バスターズ』『プレシャス』『マイレージ、マイライフ』
■最優秀主演女優賞
受賞:サンドラ・ブロック 『しあわせの隠れ場所』
ノミネート:『ヴィクトリア女王 世紀の愛(The Young Victoria)』のエミリー・ブラント、『ザ・ラスト・ステーション(原題、The Last Station)』のヘレン・ミレン、『アン・エデュケーション(原題、An Education)』のキャリー・マリガン、『プレシャス(Precious)』のガボレイ・シディビー。
■最優秀主演男優賞
受賞:ジェフ・ブリッジス 『クレイジー・ハート』(原題)
ノミネート:『マイレージ、マイライフ(Up In The Air)』のジョージ・クルーニー、『ア・シングル・マン(原題、A Single Man)』のコリン・ファース、『インビクタス/負けざる者たち(Invictus)』のモーガン・フリーマン、『ブラザーズ(原題、Brothers)』のトビー・マグワイア。

<ミュージカル・コメディー部門>
■最優秀映画作品賞
『ハングオーバー』
■最優秀主演女優賞
メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
■最優秀主演男優賞
ロバート・ダウニー・Jr 『シャーロック・ホームズ』
 

■最優秀アニメーション賞
『カールじいさんの空飛ぶ家』
■最優秀外国語作品賞
『ザ・ホワイト・リボン』(原題)ドイツ
■最優秀助演女優賞
モニーク 『プレシャス』
■最優秀助演男優賞
クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
■最優秀監督賞
ジェームズ・キャメロン 『アバター』
■最優秀脚本賞
ジェイソン・ライトマン、シェルダン・ターナー 『マイレージ、マイライフ』
■最優秀作曲賞
マイケル・ジアッキノ 『カールじいさんの空飛ぶ家』
■最優秀歌曲賞
「ザ・ウェアリー・カインド」 『クレイジー・ハート』(原題)

  なんのかんの言っても、楽しいんだな、授賞式って華やかで
1人だけだってオーラを放つスター達がそりゃぁもう数え切れないほど一堂に会しているんだから、 もうオーラぷんぷんで、TV画面観ているだけでもクラっと酔いそうなわけです。
特にゴールデン・グローブ賞の授賞式の場合、会場がホテルのパーティ会場のような所で、各作品ごとに纏まって丸テーブルについたキラ星のようなスター達が、シャンペングラスを傾けながら談笑しながらだもの、緊張して前を向いてるだけのアカデミー賞とは雰囲気が全然違います。
皆、寛いで、イベントを楽しんでいる感じ

 とはいえ、当人たちの心中は計れませんが・・。今回、『アバター』のジェームス・キャメロン監督と、元妻キャスリン・ビグローが監督した『ハート・ロッカー』の対決が話題になってたが、GG賞は作品賞も監督賞も『アバター』に。 批評家賞は『ハート〜』へと、上手い具合になったもんです。
サプライズは実力がありながら、どうも賞に恵まれなかったジェフ・ブリッジスが主演男優賞を受賞、サンドラ・ブロックも2部門ノミネートで見事受賞で本人も嬉しそうでしたねぇ〜。 紆余曲折を経て完全に復帰したロバート・ダウニーJr.も本当に嬉しそう。 この3人のスピーチに喜びが溢れ万感迫るものがありました。
常連のメリル・ストリープはなんと2本の映画でノミネートされたが、『ジュリー&ジュリア』)で両賞を受賞。何が決めてになったんでしょうね どちらもまだ未見なのでわかりません。

 外国語映画賞は、各国でのその年でもっとも良かった作品が選ばれているわけだから、どれもが最高で、必見(デーブ・スペクター氏談)だそうで、『ザ・ホワイト・リボン』『抱擁のかけら』観たいです。 それから東京国際映画祭で見損ねた「ア・シングルマン」はコリン・ファースが主演男優賞にノミネートされてたんですねぇ、これ、観たかったー。 そうそう、大御所=マーティン・スコセッシ監督が「セシル・B・デミル賞」(←功労賞のようなもの)を貰って御機嫌でした 

 ゴールデン・グローブ賞の特色であるTV部門に関しては、以前はくっきり映画スターとの格の違いを見せつけられていた感ありだけど、この数年、様相が変わって来ましたねぇ・・。 各局で競って巨額の制作費をかけた大作ドラマを作るようになり、シーズン2、3〜と続くような大ヒットドラマが続々出てきて、その質もかなり高いし面白い。 アカデミー賞クラスの俳優達も喜んで出演するから、もうほんと、その境目が無くなってきてます。 ケビン・ベーコンも主演男優賞を受賞して嬉しそう。

 私はといえば、この記事を書いた1/19現在、作品賞を受賞した『アバター』だけしか鑑賞出来ておらず、歯がゆい思いです。 なんとかアカデミー賞までに1本でも2本でも関連作鑑賞に漕ぎつけたいものです。

 さて、さて、第82回アカデミー賞のノミネート発表は2月2日。 
受賞式は3月7日(現地)。 楽しみです。
司会はスティーブ・マーティン
と、アレック・ボールドウィンの2人に決まったもよう。 
昨年のヒュー・ジャックマンは降りたみたいですねぇ〜残念。

| comments(8) | trackbacks(0) | 20:22 | category: 映画&ドラマ |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:22 | category: - |
コメント
ぼんそわー、マダム!
じゃなくて、エマさんなんですねぇ。てれっ
心機一転よいですねぇ。
ジェフ・ブリッジスの受賞は何気なく嬉しいですよね。
まさかアバターなんてさ。

「シングルマン」は一般公開されるっぽいですよ。
「エリックを探して」なんかも。
ジャック・オーディアール監督作なんかも。
と、あれこれ楽しみですねー。
そして、今年のフランス映画祭の団長はジェーン・バーキンだそうで。

そんなこんなで、ぼちぼちとことしよろし。
| かえる | 2010/01/21 1:31 AM |

>かえるさん
うきゃ〜 スミマセン!
ご挨拶にすっかり出遅れてしまって、今更恥ずかしくって顔出せずにいたんですぅ〜
ご訪問有難うございました♪ 嬉しいです♪

うーん、そうですね〜 「アバター」かぁ〜って感じ。
今年は実力がありながら賞に縁遠かった俳優さんたちの受賞があって、何気なく嬉しいですよねえ。 新人もいいんだけど。
おっ「シングルマン」一般公開されますか!? コリン・ファースって実物の方が素敵、作品中よりもと今まで思ってたんですが、この作品ではどうでしょう?アートな映像が楽しみです。
映画祭上映作品が一般公開されるのは嬉しいですわ。うえーん、「バーリア」もやってくれー!
おお〜 フランス映画祭!! まだチェックしてませんでした〜
バーキンが団長だと「小さな〜」も上映してくれるかなー。
色々情報有難う!!!
今年もどうぞよろしくお願い致します♪
| エマ | 2010/01/21 10:20 AM |

私もどうしてもマダム〜〜といいたくなりますが、エマさん、こんにちは。

GG賞は楽しかったデスね♪

>常連のメリル・ストリープはなんと2本の映画でノミネートされたが、『ジュリー&ジュリア』)で両賞を受賞。何が決めてになったんでしょうね どちらもまだ未見なのでわかりません。

その「ジュリー&・・」の感想をアップしたのですが、わたしは見たというのに、なぜあの演技が受賞したのかよくわかりませんでした・・・・
多分ジュリア・チャイルド本人を知らないとだめなのかと結論付けたのです。
(これについては自分のブログでぶちぶち文句を書いておきました(汗))

| jester | 2010/01/25 1:13 PM |

バーリアも公開されます!
角川映画の予定に出てました。
わーい。
| かえる | 2010/01/25 1:17 PM |

>jesterさん
こんにちは〜 
わはは、私も自分でまだうっかり「マダ・・」とキーボードたたいてしまいそうに・・笑
おおっ 「ジュリー〜」御覧になりましたか!! 後ほど感想伺いに参りますね♪
「ぼなぺてぃ〜」がものすごく良く似てたからなんて、そんな理由だったり? そんなの私達知りませんよねぇ〜〜ぶちぶち。。
GG賞、楽しかったですネ♪
| エマ | 2010/01/25 9:21 PM |

>かえるさん
ひょ〜〜 「バーリア」一般公開ですかっ!!
嬉しい〜〜〜
私の愛するイタリア映画で、なんたって、ジュゼッペ・トルナトーレ+エンニオ・モリコーネですからねーー  映画祭で見損ねたあの悔しさをりべーんじ!!
貴重な情報を有難うございましたーー!!
あ、そうそう! ロマン君の「モリエール」もやっと公開されるみたいですね(祝)
| エマ | 2010/01/25 9:35 PM |

ほんと受賞式の季節になりましたねっ!
ゴールデン・グローブ賞は見逃したのだけど、
あ、明日2日がアカデミー賞のノミネートが発表されるのですか?
ドキドキ・ワクワクです!

あ、コリン・ファースの「シングルマン」が公開されるのですか?
嬉しいですねっ!
見にいきたいです!

作品賞が「アバター」とはちょっと?という感じもするけど、私はお正月に、最高のIMAX 3Dで観賞出来ました。
画面も明るくて、暗さは感じず、最高でした。
奥行きのある画面に入り込んで、正に体感したような気がしました。
でもちょっぴり疲れた感じがしました・・・。
| 紫の上 | 2010/02/01 2:31 PM |

>紫の上さん
こんにちは〜
そうそう、明日はいよいよアカデミー賞のノミネート発表ですねぇ! 
この数年、独立系製作会社の作品がノミネーションされることが多くなってきましたけれど、久々のハリウッド大作が持っていくんでしょうか。 
華やかな授賞式のパフォーマンスも楽しみですねぇ^^
おお〜「アバター」は最高の状態で鑑賞されたようで、良かったですよねぇ〜 私の観た劇場のスクリーンもメガネもどうも質が悪かったようで、とても残念です。
でもどんな良い状態で観ても、ちょっと私達には疲れるようで。。(笑) 乱視が入ってる私にはもう絶対無理かもー3D
| エマ | 2010/02/01 7:38 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ema-image.jugem.jp/trackback/4
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links