Brilliant Days Part

映画や絵画、音楽など、芸術全般にふれることが好き。
旅行、ガーデニング、グルメなども楽しみつつ・・ 
ゆるやかに たおやかに 第2の人生を歩んで行きます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< エリオ君 おめでとう! | main | 東京散歩#3 三菱一号館美術館と「マネとモダン・パリ展」 >>
# 最近観た映画(2010)@劇場 #9〜13
     
4〜5月に映画館で観た映画は6本でした。 (映画祭は除く)
「マイレージ、マイライフ」は単独記事たてましたので、それ以外の簡単感想〜
『シャッター・アイランド』 『アリス・イン・ワンダーランド3D版』
『ドン・ジョヴァンニ』 『オーケストラ』 『トロッコ』
 #9 『シャッター・アイランド』
 謎解きに気を取られて、肝心なレオ君演じる主人公の心の軌跡を味わえなかったかも。というのは多くの皆様と同じです。 日本の宣伝の仕方云々を批判するのはもうやめよう。。TV放映されたらもう一回観るかな(殴)

#10 『アリス・イン・ワンダーランド』
 5月の掲示板にもちょっと書きましたけど、「アバター」で懲りて二度と3Dは観ないと思ってたのに、座席を劇場のど真ん中にしてみたことでなんとか乗り越えられた(修行か!?←世の中に乗り遅れまいとする年寄りのあがき;)。
 で、内容は強く逞しい現代的なアリスに目を細めながらおばちゃんは楽しみましたね。ティム・バートンの世界も嫌いじゃないし。あっというまの遊園地のアトラクションみたい。実際もうそんなアトラクションも行く事ないですから、映画館で楽しめるのもいいかもね


#11 『ドン・ジョヴァンニ』
 詩人だったロレンツォ・ダ・ポンテは、作曲家モーツァルトと出会い、彼の作曲によるオペラの台本を書くことになる。 喜劇「フィガロの結婚」が成功し、2本目の「ドン・ジョヴァンニ」も同じ路線で行くと思われたが・・!?  モデルとなった有名な色事師=ドン・ファンの人生を、彼本人のアドヴァイスを受けながらすすめていくというのが驚き!更にダ・ポンテ自身が同じような放蕩者で、いずれ劣らぬ女たらし。 しかしさすがに2人の共同作業が進むうち、多くの女を苦しめてきた報いが必ず来るかもと、良心の呵責に苛まれたか? だんだんと喜劇が悲劇に・・・。主人公を終幕で地獄へ落としてしまうことで、自分たちの心の平安を取り戻すという話になってました。
 1984年作の映画『アマデウス』も観ているとより楽しめるかもしれませんね。 音響の良いシネコンで鑑賞して良かったです。臨場感ありますから。

#12 『オーケストラ』
 劇場の掃除夫が実は元天才指揮者で(もうそこで少女漫画か!?と思った)、有名オーケストラに来た公演依頼をこっそり横取り。昔の仲間を集めてパリで公演して大成功!だなんて、安っぽいメロドラマか!?と、フランス映画祭でも、その後の一般公開始まってもずっと無視し続けてたんですが、結構ちまたの評判も良いのでついに鑑賞。
 観てみれば、旧ソビエト時代のユダヤ人迫害がらみだったので(80年代にそんなことがあったとは知らなかった)、天才指揮者が掃除夫に身をやつすなんて事も本当にあり得る話かもと、俄然身を乗り出した。途中少しばかりおふざけが過ぎる場面もあったりで(ユダヤ人の自虐ネタ)、長く感じたものの、皆さんおっしゃる通り、最後のヴァイオリン協奏曲は反則でしょ!!という位、感動しちゃってる自分がいましたね。

#13 『トロッコ』
公式サイト
 「初恋のきた道」を観たときのように、何故だかわからないけど、やたら涙が溢れて止まらない映画でした。原作は芥川龍之介の日本が舞台の短編だけど、昔のトロッコの線路を探してロケハンしたら台湾になったそうで。 山間のひなびた村、緑深く人の人情も深い田舎がそこにはあったのでしょう。
 台湾人男性と結婚して日本に住む日本人女性とその子供たち。その台湾人男性が若くして亡くなり、遺灰を届けに故郷の台湾に行った時の話になってます。 何かに傷ついており、人を常に睨みつけるような目つきをしたお兄ちゃん。甘え上手な弟を守って暗い夜道を家まで辿りついたとき、初めてお母さんの胸で大泣きするシーンにはこちらも号泣。 更に、舞台を台湾にしたことで、時代に翻弄され、いまだ日本統治時代を生き抜いたお年寄りたちの顔に深く刻まれた記憶のシワの深さに反して、日本人へのまなざしの温かさ。 ごめんなさーい。また涙。
 撮影監督がリー・ピンビンだったり、ホウ・シャオシェン監督のゆかりのスタッフ、キャストが揃ったというのも魅力。 更に、公式サイトをみて、お気に入り俳優チャン・チェンの実兄=チャン・ハンが出ているのを知り、(16歳でエドワード・ヤン監督の『クーリンチェ少年殺人事件』(91)にも出演してたんですねー!)思わず飛んで行きましたです。

| comments(8) | trackbacks(0) | 10:02 | category: - |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:02 | category: - |
コメント
おぉ、いっぱいアップされていますね、うれしいなっ!!
レオ君とジョニーの作品以外は、どれも未見のものばかりで、とても参考になりました〜。
シャッターも、皆さん同じ感想(怒り?)をお持ちですね、もう一度観る時は視点を変えて観たいわ。
アリスは3Dでしたかぁ〜、座席によっても疲労感は違うのですね、きっと・・。
「ドン・ジョヴァンニ」は、感想を拝見して興味津々です。
長丁場のようなので、いつかおうちでシネマしますね。
「オーケストラ」は、分かっちゃいるけど感動って感じですよね、こちらもいつかきっと・・です(笑)
「トロッコ」も良さそうですね、チャン・チェンのお兄さん?? それだけで興味が湧いてきます〜(ミーハー♪)
チャン・チェンも、あべべさんのお薦めで2作品ほど観ようと思っています。
今月、「ブレス」なども放送されますよね。

岩崎さんの1号館、ナイス・ショットでしたね〜〜、まるで絵葉書ようですよ。(拍手)
私も何枚か撮りましたが、どれもイマイチです^^;
明日は、うまく行けばボストンかな??(行きたーい・笑)
| みぬぅ | 2010/06/03 7:48 PM |

>みぬぅさん♪
コメントどうもですぅ〜!
2か月でたった6本だなんて、この数年無かったほどのペースダウン〜〜 色々興味が分散して目移りしてるのかもしれませんが(爆)
「ドンジョ」「オケ」←無残な省略(笑)は、いつかTV放送された折りには是非ご覧くださいね。
そうそう! チャンチェンのお兄さんなんですー!
あんまり似てないような気がするんですけど、やっぱりイイ男ですよ♪俳優だけじゃなくて映画製作の方の仕事もしているようです。 あ、「ブレス」放送になるんですか!?きゃ〜・・でもギドク監督は微妙に苦手でして・・。うーん、、でもチャンチェン観たさにみちゃうかも!
情報有難うございました♪(^^)/
岩崎さんちの1号館、誰が撮っても絵になりますよね〜(笑) もうちょっとマシなカメラ持って行けば良かったです。 わ〜いよいよボストンですね? 私も来週は仕事休みなので、なんとか・・行きたーーい!!(笑)
| エマ | 2010/06/03 11:05 PM |

お久しぶりです。
沢山ごらんになってますね〜〜

私は、シャッターだけです。(悲)
「オーケストラ」も面白そうですし、「ドン・ジョバンニ」は、エマさんのお勧めがなければ、素通りしちゃうジャンルです(笑)

「トロッコ」は、日本の映画だったんですね〜〜
こちらへは、ずっと先に公開でしょう〜〜
チャン・チェンにお兄さんいたんですね(驚)

チャン・チェンの「ブレス」・・なかなか大変な映画ですよ(笑)
チャン・チェンよりギドク色のほうが強くて・・・・(笑)

ところで、最近映画のほうは、話題がないのですが、先日
csでbbc版の「ジェーン・エア」を見たのですが、
これが、収穫で、今まで「ジェーンエア」の映画は
スザンナ・ヨークとジョージ・c・スコットのを見たきり、「ジェーン・エア」は好きじゃないと思ってたのですが・・・なんとなんと。・さすがBBC。
前後編4時間の大作で、今まで薄ぼんやりしてたジェーン像が私のなかでしっかりと印象つけられました。それにロチェスター役の
トビー・スティーヴンスが、とっても素敵なんです。

「高慢と偏見」でコリン・ファースを印象つけたBBC,天晴れ今度はトビー・スティーヴンスを、刻み込みました(笑)
なんでも、マギー・スミスの息子さんらしいですよ。
| あべべ | 2010/06/05 11:03 AM |

>あべべさん♪
こんばんは〜 いらっしゃいませお久しぶりです(^^)
いえいえ、全然たくさんじゃないですよー! 2か月で6本ですよぉ? 1か月3本だなんてめっきり少なくなりました。
「ドン・ジョヴァンニ」は、映画としてはどうよ?って感はありますが、大きなスクリーンで良い音響で素晴らしいテノールとソプラノを楽しむつもりで。。

チャン・チェンで きっとあべべさん出てきて下さると思いました(爆) お兄さんがいらしたなんてね!私も知りませんでしたよぉ〜 ふっ「ブレス」やっぱり大変な映画ですか!? オダギリジョー君も出ていましたっけ?あ、違うかしら・・ うーむ・・ギドク色が強いのね〜〜覚悟して観なくては(笑)

ほほーっ! 「ジェーン・エア」 あっぱれなんですね?
今までに私は古ーーいジョーン・フォンテーン版のと、アンナ・パキン→シャルロット・ゲンズブールのを観てます。
BBC版がありましたか!!! 期待大です!

今、ちょっと慌てて検索かけてみました。 わ〜見たい!
でもImport版しか出て来ないのですが、あべべさんはTVで御覧になったの?それともDVDですか?日本語字幕付きの? http://www.amazon.co.jp/Masterpiece-Theatre-Jane-Eyre-2pc/dp/B000LPQ6DE/ref=pd_cp_d_1
ですよね?
4時間あればかなり細かく描けていることでしょうね^^

トビー・スティヴンスは良く見かける俳優さんですね、マギーの息子さんだったとは! 情報ありがとうございます。
| エマ | 2010/06/05 11:01 PM |

私が見たのは、LALATVですよ〜〜
前にも、4話に分けて、時々放送されてたけど、
興味なかったんです。
先週一挙に4時間放送されてて、ついつい観いちゃってしまったんです!

いつか、DVDになるかもしれないし、また、来月かいつか放送されるかわかりませんんね。
今月の放送はないみたいですよ!
| あべべ | 2010/06/06 9:49 AM |

>あべべさん
LaLaTVでしたか!
う〜残念!チェックが甘かったです。
せっかくHD放送で観れるチャンネルですのに。。
今後は時々チェック怠らずに次回放送待ちますね〜
絶対観ますわ!!
貴重な情報有難うございました(^^*)
| エマ | 2010/06/06 11:43 AM |

ドン・ジョヴァンニやオーケストラは、おうち鑑賞より映画館の音響がいいですよね。ドン・ジョヴァンニは、本物のオペラ歌手が演じていますし。

生でクラシックをきこうとすると、1万円以上かかっちゃうんで、なかなか行けませーん。
| 風子 | 2010/06/08 9:29 AM |

>風子さん♪
そうなんですよね、最近益々映画館から足が遠のいているわたくしですが、映画ならではの映像と音が楽しめるものはなるべく映画館で観たいです。 オペラやクラシックコンサートは高いですからね〜もうちょっと庶民に優しい金額にして欲しいです(^^*)
風子さんはご自宅のTV視聴環境変わられたのに、相変わらず精力的に映画館通われてますねー!スゴイわ〜!
| エマ | 2010/06/08 11:40 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ema-image.jugem.jp/trackback/22
トラックバック
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links