Brilliant Days Part

映画や絵画、音楽など、芸術全般にふれることが好き。
旅行、ガーデニング、グルメなども楽しみつつ・・ 
ゆるやかに たおやかに 第2の人生を歩んで行きます。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 5月の掲示板 | main | 最近観た映画@おうち #10 >>
# ポンペイ展 @横浜美術館
パンフ  ウェヌス
ポンペイ展ー世界遺産 古代ローマ文明の奇跡ー
2010/3/20(土)〜6/13(日) 横浜美術館  公式サイト 
観てきました!

西暦79年8月、
ヴェスヴィオ山の噴火により一昼夜にして 火山灰の下に埋没したナポリ近郊の街は、およそ1700年の眠りのあと本格的な発掘調査により、その姿を現します。 
それはまさに古代ローマ時代の人々の息吹を感じさせる奇跡の街。

今回は日本初公開となる約60点の銀食器群や、ポンペイの郊外にある別荘から出土した浴槽および給湯システムなど驚きの・・
 品々が。。

 元老院保守派によってカエサルが暗殺され、共和制国家を守ったと思われたローマ帝国。 
しかし遺言によって後継者になった姪の息子オクタヴィアヌスは、元老院保守派を粛清。 
romeエジプト女王クレオパトラと同盟を結んだアントニウス軍も破り、100年続いた内乱の時代は終結。 その辺はアメリカHBO製作のドラマ『ROME』で面白く勉強させて頂いてました。
公式サイト  
いや〜これ、本当に面白かった!!
WOWOWで放送時も観ましたが、DVDも購入してはまってました。 

 ちょっと脱線しましたが、そのオクタヴィアヌスがアウグストゥスと改名し、初代ローマ皇帝となり、その後続いた皇帝たちの治世でローマ帝国は最盛期を迎え、ローマ貴族が次々と別荘を持った街=ポンペイも同時に栄えていた頃でした。 
ヴェスヴィオ火山が噴火したのは。。 
ローマに5万人収容のコロッセウム(円形闘技場)も出来た頃です。

 いまのいままで、そこに生活していた人々が、火山灰の他、火砕流などで一瞬に埋もれてしまったということは、要するにローマ時代の生活を瞬間冷凍したようなもの。 掘り起こしてみれば出てくるわ出てくるわ!当時の貴族のお宝から庶民の日用品まで・・ということですよね。

 前置きが長くなってしまいましたが そんな深ーい思い入れを持ちながら出土品を眺めるのは大変興味深かったです。 今回イタリア国外へは初出品となる銀食器のセットなどは、今もその輝きは失われていませんし、彩色ガラスや水晶製品。 追いだきが出来る浴室設備が2000年前にあったのも驚き。 また、貴族の屋敷の居間や中庭の噴水に使われていたであろう大理石の彫像の見事なこと! 上記写真はポンペイのヴィーナス”と呼ばれたウェヌス像ですが、本当にお持ち帰りしたかった・・(庭無いですけど) 壁に描かれたフレスコ画の独特の赤い鉱物色も印象的。 豪華な海浜別荘や庭園などの風景画は繊細な絵筆のタッチも素晴らしく、当時の裕福な貴族の暮らしぶりが、そして、魚の塩漬けを発酵させてつくるガルム(魚醤)を入れる壺、ブドウの醸造する壺などからはポンペイ人の美食ぶりがうかがえるのです。 魚醤って東南アジアのものだと思ってました(汗)
 
 小さいものはエメラルドがはめ込まれた指輪から、剣闘士のヘルメット、そして大きなものは庭園に置かれた噴水用水盤からクラテル(水桶)、ギリシャ彫刻を規範とした2メートル以上ある大理石の彫像の数々まで・・ポンペイとエルコラーノからの出土品はどれも見ごたえあるものでした。
物は物であるというだけでなく、それを使った人間たちの営みや好みまで想像することができるのです。

 4年前のイタリア旅行で、ポンペイ遺跡には行けなかったのが心残りで・・ 
いつか必ずかの地に身を置いてみたい・・。 

ベスビオ火山の噴火と、ポンペイの生活を追体験してみたい方にはこんな映画も。。
    
『ポンペイ最後の日』  エンド・オブ・ワールド』
1935 アメリカ       2007 イタリア
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:06 | category: 美術展 博物展 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:06 | category: - |
コメント
こんにちは〜、お出掛けが続いていますね。
ちょっと肌寒い日もあるけれど、本当に良い気候になりましたものね。
それから、このテンプレートが素敵です・・。

このポンペイ展も大変興味深いですね!
歴史的な事実から受ける衝撃と、蘇る当時の生活や美術品の様子。
それらの展示品の中に居るエマさんが羨ましい限りです。

ところで、「ROMA」は、Disc1の途中で挫折してしまったんだけど、そんなに面白かったなんて・・^^;
100円レンタルで再チャレンジしてみようかしら〜。
| みぬぅ | 2010/05/17 3:12 PM |

>みぬぅさん
こんにちは〜 お出かけ日和が続きますね^^
日曜日は浦賀と観音崎までドライブしてきました。気持ち良かったです。

テンプレートは、アリスが終わったので(爆)
ほのぼの系に替えました〜いかがですか?
ポンペイは行ってみたい場所のベスト10に常に入っているんです。なので今回の展覧会も実に興味深く観れました。あと、気になる絵画展が2つ3つ・・。行けるといいんですが。

「ROME」は、R15指定なので、かな〜りエログロ(死語?)きついんですが、面白いんです!! もう〜この濃さを味わっちゃったら他のどんなドラマも暫くの間、薄く思えます(笑)。 全22話の間ずっと二人の兵士と共に数々の修羅場をくぐり抜けてくるので、最後はもう感無量で最終話は泣けて泣けて・・。もし、みぬぅさんが今、観ていらっしゃる海外ドラマが無い状態でしたら、DVDいつでもお貸し致しますよ!
| エマ | 2010/05/17 5:20 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ema-image.jugem.jp/trackback/19
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links