Brilliant Days Part

映画や絵画、音楽など、芸術全般にふれることが好き。
旅行、ガーデニング、グルメなども楽しみつつ・・ 
ゆるやかに たおやかに 第2の人生を歩んで行きます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 『おみおくりの作法』
話題の映画『おみおくりの作法』観てきました。
”ラストシーンの思いがけない感動”って、そういう事だったのかー(涙涙涙)
やられました。チラシもトレーラーも巧妙にその”意味”が隠されていて上手い。真面目で几帳面って良くあるステレオタイプの公務員像ですが、今までの映画ですと「そこに更に感情の無い事務的な仕事ぶりがプラスされた主人公が、何かをきっかけに人生を輝かせていくストーリー」が多い。でも!これはそうではありません!!だってこの映画の主人公は最初からとっても温かい心の持ち主なんですよ。人のために一生懸命仕事をするんです。それゆえ、ラストは「うっ」⇒「くっ・・寂」⇒「おあああ・・」の流れ。ここでこれ以上言う訳にはいきません。知りたい方は是非ご覧ください。ご覧になった方!語り合いましょう。
http://bitters.co.jp/omiokuri/index.html
| comments(2) | trackbacks(0) | 20:56 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)@劇場 #14〜15
6月に映画館で観たのは2本でした。

『クレイジーハート』  『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』

クレイジーハート
    ブライトスター 
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 22:17 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画@おうち #11〜13
最近はちょっと古いの観てました
 『黄昏』 『陽のあたる場所』 『竜馬暗殺』
    
続きを読む >>
| comments(6) | trackbacks(0) | 08:33 | category: 映画&ドラマ |
# エリオ君 おめでとう!
 
おそらくこの写真見ても、名前のエリオ・ジェルマーノと聞いても・・ 
日本の映画ファンの皆さんでご存じの方は
ほっとんどいらっしゃらなかったでしょう〜
昨日までは。。。

エリオ・ジェルマーノ
1980年生まれのイタリアの俳優さんでっす。

はい! 第63回カンヌ映画祭で見事!
主演男優賞を受賞したんです!!
『我々の人生/LA NOSTRA VITA』という作品で。

 
続きを読む >>
| comments(8) | trackbacks(0) | 00:27 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画@おうち #10
『アナザー・カントリー』
1984年 イギリス
監督:マレク・カニエフスカ
原作:ジュリアン・ミッチェル
出演:ルパート・エヴェレット、 コリン・ファース 、ケアリー・エルウィス  

「モーリス」「ミッション」など、今年に入って続々HDニューマスター版DVDが出ている80〜90年代制作の英国映画傑作選シリーズ。 どれも素晴らしい作品ばかり。

映画館で観たものも、自宅で最高画質で再び鑑賞出来るなんて幸せですよねぇ〜
特に「アナザー・カントリー」は私はめでたく初観賞となります。
んが、CSで放送があったので、アナログの標準画質で鑑賞(涙)
それでもなんとか味わえた”耽美派・イギリス美青年もの”(そんなジャンルあり?

続きを読む >>
| comments(9) | trackbacks(0) | 17:26 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)劇場編#8
 『マイレージ、マイライフ』
Up in the Air (2009)アメリカ

ジョージ・クルーニーの何とも言えないこの表情・・
ラスト・シーンだったとは・・ 
正に 
目は口ほどにものを言う」 切ないですよね
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 10:33 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)劇場編#7

  『NINE ナイン』
  「フェリーニの1963年作『8 1/2』を原案とし・・」と謳っているけれど、ほとんど内容は同じで、ミュージカル版の 『8 1/2』 と、言えるかも。 
舞台もちゃんとイタリア。 

 
 簡単に言えば所謂”バックステージもの”だと私は思うんですが(殴)、難解な”芸術作品”という印象のフェリーニ作品と比べて、素人にも理解し易く映像化してくれたのは、『シカゴ』('02)のロブ・マーシャル監督。
 
 

続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(0) | 22:42 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)劇場編#1〜6
1月〜2月の間に 映画館で鑑賞した作品は最終的に6本
GG賞の発表を聞いて、慌てて隣の隣の都市まで観に行った『イングロリアス・バスターズ』、 予告編を観て死後の世界がどんな風に映像化されているのか興味があり『ラブリー・ボーン』、 ヒースの遺作『Dr.パルナサスの鏡』、 久々のアルモドヴァル『抱擁のかけら』、 イーストウッドの『インビクタス』、 久々の邦画『食堂かたつむり』  期待以上のもの、期待はずれもありで・・。
 (3/4 記事追加!

    
  
続きを読む >>
| comments(16) | trackbacks(2) | 09:55 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)@おうち #5〜9
自宅鑑賞した作品の感想 その2です
『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』 『我が至上の愛 アストレとセラドン』
スサンネ・ビア監督作品3本!



続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 10:25 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画(2010)@おうち #1〜4
アカデミー賞のノミネーションがいよいよ発表されましたね!今年から作品賞は10本なんだ

 私はといえば、相変わらず寒くて引き籠りがちで、年明けから2月のこの時点までで、映画館へ出かけたのは3回。 自宅で勝手にヨーロッパ映画祭inおうち開催!(笑)、昨年末にデッキを買い換えて、録画予約が劇的にやり易くなったので、追われるように新旧の名作鑑賞に明け暮れてます。

『情愛と友情』
『日の名残り』『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』『JUNO/ジュノ』
  アウエイフロムハー 


続きを読む >>
| comments(10) | trackbacks(0) | 12:48 | category: 映画&ドラマ |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links