Brilliant Days Part

映画や絵画、音楽など、芸術全般にふれることが好き。
旅行、ガーデニング、グルメなども楽しみつつ・・ 
ゆるやかに たおやかに 第2の人生を歩んで行きます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 『おみおくりの作法』
話題の映画『おみおくりの作法』観てきました。
”ラストシーンの思いがけない感動”って、そういう事だったのかー(涙涙涙)
やられました。チラシもトレーラーも巧妙にその”意味”が隠されていて上手い。真面目で几帳面って良くあるステレオタイプの公務員像ですが、今までの映画ですと「そこに更に感情の無い事務的な仕事ぶりがプラスされた主人公が、何かをきっかけに人生を輝かせていくストーリー」が多い。でも!これはそうではありません!!だってこの映画の主人公は最初からとっても温かい心の持ち主なんですよ。人のために一生懸命仕事をするんです。それゆえ、ラストは「うっ」⇒「くっ・・寂」⇒「おあああ・・」の流れ。ここでこれ以上言う訳にはいきません。知りたい方は是非ご覧ください。ご覧になった方!語り合いましょう。
http://bitters.co.jp/omiokuri/index.html
| comments(2) | trackbacks(0) | 20:56 | category: 映画&ドラマ |
# 『シチリア!シチリア!』
皆様! とんでもなくご無沙汰しております!!
もうこのブログ、見る人も無いだろうと長らく放置しておりまして・・
ふとチェックしてみたら、GWに「イタリア映画祭」のキーワードで訪問下さった方が多いので
びっくり!! ここでの長いお友達も「イタリア」というと、私を思い出して下さる方まで
いらっしゃるのは本当に嬉しい限りで申し訳なく・・

結局、今年は6年目にして初めて有楽町まで行けませんでした。
様々な理由がありまして・・。 その代りということでもないんですが、ずっと見たかったトルナトーレ監督作品が、なんと地元の映画館で(DVD化直前ですが)上映してると聞いて早速見てきましたので、久々に感想書いておきます。
以下の文章はどこか違う所にも同文で書いてますが、間違いなく私本人のものです。


 ★『シチリア!シチリア!』2009年イタリア映画

シチリアシチリア あの『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督が自身の故郷=シチリア島のバーリアという街を舞台に、ある家族の三世代/50年に渡る悲喜こもごもの歴史と、時代の波に翻弄されつつも逞しく生きる街の人々を描いた自伝的要素が強い人生賛歌です。

 ナポリの下町人情喜劇、そうそう!ちょっと昔のソフィア・ローレンが活躍していた時代のイタリア映画を想わせるような雰囲気に、更に現代のCG技術が加わり、街の移り変わりを空から俯瞰するようなシーンはファンタジックで、CGもこういう使い方は素敵だなと感動しますよ。

 教会の前の広く埃っぽい街の大通りをはさんで、あの独特の巻き舌イタリア語が丁々発止と飛び交い、ケンカしては仲直り。 ファシストも社会党も共産党も彼らの次元では本当にわかっているのか?むしろそんな事は歴史の大きなうねりの中で消えては現れまた消えて行く大きなしこりの一つ。
馬車が車に代わり、土埃りの道が舗装され、泣き、叫び、笑い、走る! どなたかが仰っていた言葉を借りれば、人生なんて振り返ってみればちょっとそこまでお使いに走って戻る間の出来ごとかもしれない。 
そんな締めくくりに思わずほくそ笑むラストでした。

カメオ出演で、モニカ・ベルッチ、ラウル・ボヴァなど多数〜
ルイジ・ロカーショが意外な役で出演〜
イタリア映画好きはムフフとなる大物俳優の贅沢な使い方は、トルナトーレ監督ならではかも。 
| comments(5) | trackbacks(0) | 11:53 | category: - |
# 最近観た映画(2010)@劇場 #14〜15
6月に映画館で観たのは2本でした。

『クレイジーハート』  『ブライト・スター いちばん美しい恋の詩』

クレイジーハート
    ブライトスター 
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 22:17 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画@おうち #11〜13
最近はちょっと古いの観てました
 『黄昏』 『陽のあたる場所』 『竜馬暗殺』
    
続きを読む >>
| comments(6) | trackbacks(0) | 08:33 | category: 映画&ドラマ |
# 東京散歩#3 三菱一号館美術館と「マネとモダン・パリ展」
    

       三菱財閥が最初に建てた建物だから”1号館”
丸の内最初のオフィスビルとして1894年に建てられ、1964年に解体されたものを忠実に復元したとか。。 外観も素敵ですが、中もちゃーんと当時のデザインを残しており、レトロな雰囲気好きにはたまりません〜〜!


続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:54 | category: 美術展 博物展 |
# 最近観た映画(2010)@劇場 #9〜13
     
4〜5月に映画館で観た映画は6本でした。 (映画祭は除く)
「マイレージ、マイライフ」は単独記事たてましたので、それ以外の簡単感想〜
『シャッター・アイランド』 『アリス・イン・ワンダーランド3D版』
『ドン・ジョヴァンニ』 『オーケストラ』 『トロッコ』
続きを読む >>
| comments(8) | trackbacks(0) | 10:02 | category: - |
# エリオ君 おめでとう!
 
おそらくこの写真見ても、名前のエリオ・ジェルマーノと聞いても・・ 
日本の映画ファンの皆さんでご存じの方は
ほっとんどいらっしゃらなかったでしょう〜
昨日までは。。。

エリオ・ジェルマーノ
1980年生まれのイタリアの俳優さんでっす。

はい! 第63回カンヌ映画祭で見事!
主演男優賞を受賞したんです!!
『我々の人生/LA NOSTRA VITA』という作品で。

 
続きを読む >>
| comments(8) | trackbacks(0) | 00:27 | category: 映画&ドラマ |
# 最近観た映画@おうち #10
『アナザー・カントリー』
1984年 イギリス
監督:マレク・カニエフスカ
原作:ジュリアン・ミッチェル
出演:ルパート・エヴェレット、 コリン・ファース 、ケアリー・エルウィス  

「モーリス」「ミッション」など、今年に入って続々HDニューマスター版DVDが出ている80〜90年代制作の英国映画傑作選シリーズ。 どれも素晴らしい作品ばかり。

映画館で観たものも、自宅で最高画質で再び鑑賞出来るなんて幸せですよねぇ〜
特に「アナザー・カントリー」は私はめでたく初観賞となります。
んが、CSで放送があったので、アナログの標準画質で鑑賞(涙)
それでもなんとか味わえた”耽美派・イギリス美青年もの”(そんなジャンルあり?

続きを読む >>
| comments(9) | trackbacks(0) | 17:26 | category: 映画&ドラマ |
# ポンペイ展 @横浜美術館
パンフ  ウェヌス
ポンペイ展ー世界遺産 古代ローマ文明の奇跡ー
2010/3/20(土)〜6/13(日) 横浜美術館  公式サイト 
観てきました!

西暦79年8月、
ヴェスヴィオ山の噴火により一昼夜にして 火山灰の下に埋没したナポリ近郊の街は、およそ1700年の眠りのあと本格的な発掘調査により、その姿を現します。 
それはまさに古代ローマ時代の人々の息吹を感じさせる奇跡の街。

今回は日本初公開となる約60点の銀食器群や、ポンペイの郊外にある別荘から出土した浴槽および給湯システムなど驚きの・・
続きを読む >>
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:06 | category: 美術展 博物展 |
# 5月の掲示板
 ほとんど2週間、PC放置状態で・・。気がついたら月が変わってました(大汗)。
皆様 いかがお過ごしですか? 
やっと陽気が良くなりましたよねぇ〜

<管理人の近況報告>
4月はなんだか寒くて、仕事以外は家にこもってました。 色々やる事が多くて出かける時間もあまりなく、映画館へ行ったのは2回。 『アリス〜3D』 と 『シャッターアイランド』 だけ取りあえず観ておきましたー。 『アバター』の時に、自分に3Dは向かない!もう絶対ヤダ!と思ったんですが、座った席とメガネの具合のせいかも?と、気をとりなおし・・今回は新しい映画館のど真ん中の席を確保し、メガネも真新しい立派なヤツ!で鑑賞したら、なんとか観れました。目の前の蝶を掴めて良かった(笑)
伊映画祭
 毎年GW開催が恒例となったイタリア映画祭には頑張って3日間通いました(東京国際と仏映画祭のリベンジ!) 今年のゲストは監督のみで、最近のイタリア映画界での巨匠から新人まで数人。俳優の来日がなかったのが少し寂しい気がしましたが、例の火山の噴火の影響で予定入れられなかったのかなぁ?

頭を上げて鑑賞したのは6本。
 『コズモナウタ−宇宙飛行士』  『バール・マルゲリータに集う仲間たち』  『ハートの問題』  『それもこれもユダのせい』  『頭を上げて』  『元カノ/カレ』
例年、重めと軽めの作品をバランス良くチョイスしているのだけど(2009年イタリア映画祭感想
今年は好むと好まざるとにかかわらず、都合の良い日のを観るという感じ。 今ちょっと、きちんとした感想を書いている時間がないので、気に入った作品だけ紹介すると・・
「それもこれもユダのせい』は大好きな「トリノ、24時からの恋人たち」の監督で、やハートの問題っぱりすごく良かったなぁー! 『元カノ/カレ』は大いに笑い、泣かせてもらいました。 『頭を上げて』も素晴らしかった。 キムたん主演の『ハートの問題』はじんわりと良い話でした。
『勝利を』はどうなんでしょう? 観た方の感想を聞きたいです。


| comments(6) | trackbacks(0) | 16:15 | category: 掲示板 |
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links